N*L*S*T :Comics

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『MONSTERZ』 : 孝之の胸毛は健在

2014.05.30 (Fri)


 やばいものが映画になってしまいましたねえ!超期待満々で観にいった『MONSTERZ』ですが、ここまで期待外れな作品も久しぶりでした。実力俳優の二人を掲げて、この出来はないでしょう!

 いずれも展開が早い、何故その思考に達したか説明しきれていない、なんでこんなに間抜けな組織と人ばかりが登場するのか、とても小さな思想と小さな能力の小競り合いで終わっております。

 まずは、何故母親を殺せなかったのかの理由も薄いです。母子の絆?彼をモンスターとして産み落とした母への愛情と恨みからくる固執があるのだろうと思いますが、その辺りは上手く描かれていないので観ている人に想像させるしかなくなります。でも、ここはモンスターがどうして生き続けたかを説明する一番重要な理由付けです。
 最初のフリマで子供に何をしてあげたかったのかが、見えればもしかしたら彼の人となりがもう少し分かれたかもしれません。ここでの表現は子供を愛でて一人芝居で自己満足に浸るだけの、ただの変態男です。彼はこの親子に対してどういう気持ちを抱いたのか、肝心な部分が抜け落ちています。

 孝之の演じる終一は「死ぬまで生きる」が座右の銘。石原さとみ達がその言葉に感銘を受ける意味が分かりません。「死ぬまで生きる」が終一と男の唯一の共感ポイントであるべきなのに、何故他者がそれに共感出来るのか?

 街中で事故にあった孝之はいつまで放置されるん?なんで目を見たら人を操れる事を知っている警察は、すぐ間抜けにも操られる?押切奈々は何の役に立ってましたか?柴本刑事もどうして無策で来ちゃった?最後の螺旋階段はどこですか?その後男はどこで捕まってるん?等々……細かいツッコミが多すぎて疲れました。絵的にもひどいけど、やはりシナリオが厳しい!

 元になっている韓国映画の『超能力者』は観ておりませんが、世界でも絶賛だったようですので、この様な話ではなかったのではないかと思います。予告編を観ても良く出来ていますし、似たシーンも多いですね。リメイクだからって影響され過ぎたら意味ないし、劣って見えたらなお悪いでしょう。日本人ってリメイク下手だろう!

 何よりも、この大雑把なシナリオを作成した脚本家の渡辺雄介さんは『進撃の巨人』もやるそうですが、ちょっと期待するのやめた方が良いかもしれませんね。


(蛇足)
 どうせリメイク魂を炸裂させるなら、桐山蓮と渡辺秀にやらせたら面白かったなあ。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。