N*L*S*T :Comics

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『X-MEN: フューチャー&パスト』

2014.05.30 (Fri)


 いや、これ相当面白かったです!と叫びたくなったので、久しぶりに書きますよ、映画感想。早速観て来ました『X-MEN: フューチャー&パスト』。今まで以上にX-MENファンの為の作品です。観ていれば観ているほど楽しめる内容に仕上がっています。

 特に一番のポイントは未来と過去のX-MENの時代を超えた共闘、マグニートとプロフェッサーの邂逅、クイックシルバーの登場、トードは随分かっこよく表現されており、サイロックはいない;;。とにかく一杯出てきます!当然最後の1コマすらも見逃してはなりませんぜ!

 とにもかくにも開始5分で興奮のルツボと化しました。クイックシルバーが居る時点で『アベンジャーズ』との接点も拡げたし、今度はウルヴァリンの出張も考えられるかもしれませんね。

 問題は、未来改変というややこしいストーリーを持ってきてしまった事です。これによって、我々の今まで観てきた『X-MEN』シリーズはどのポジションに立つのでしょうか?人類と共存が出来たミュータントは一体誰と戦えば良いのか?次の『X-MEN』はどこをどうやって描くのかが楽しみでもあり、一抹の不安を残す作品でした。


 エレンペイジファンとしてキティの活躍はうれしいものでしたが、随分歳とったなあ……

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。