N*L*S*T :Comics

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『魔法少女まどかマギカ』 : 今年度私的アカデミー最有力候補

2013.11.10 (Sun)
E58F8DE98086E381AEE789A9E8AA9E2.jpg

 今年見た最高の映画に数えさせていただきます。おおぉぉ、賛否両論ありそうですね。私の周囲でもダメという人が多かったようです。ハッピーエンドを覆す意味はなんだったのか?この終わり方なら、多分まだ続きます。その結論は最後まで観てからで良いのではないでしょうか?

 作品の感情的な部分の置き所はさておき、映画として最後まで息をつかせないどんでん返しの数々。そして壊れた世界、壊れたほむら、亀裂を修復する物語は見ごたえ抜群です。一人異変に気がつき、もがきながら前進するほむらの姿。繰り広げられる魔法少女VS魔法少女の戦闘シーン。

 そもそも『まどかマギカ』は世界を壊した物語。それを正常に戻すための破壊の序章なのだという理解です。評価は据え置きで良いのではないでしょか?

 とはいえ、もうBD買う気満々ですよ!

 ベベが可愛すぎるですよ。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。