N*L*S*T :Comics

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神のみぞ知るセカイ(22) 若木民喜

2013.06.23 (Sun)
【内容説明】
 ぼくの名前はケイ、キララ星のケイだ!!

 桂馬の記憶にない10年前の工事―― うらら攻略により、桂馬は工事を始めた張本人・うららの祖父と対峙する。方法は…宇宙人になりすますこと!?脱線していく過去を「正しい未来」に導くことはできるのか?(amazon)

----------------------------

 この巻でようやく、"神のみぞ知るセカイ"をというタイトルの意味が見えた様です。今いる"過去"を積み重ねて神の知る今である"未来"を作り上げる物語。まさしく、フラグを立てて、攻略するゲームの世界。安心なのは桂馬にのみリセットが許されているというチートです。

 このループは常人には苦痛のはず……『紫色のクオリア』もそうですが、ループから逃れられない主人公は大体が耐えられない苦痛と戦う事になります。クオリアでは携帯電話による他世界の自分と通信手段がその苦しみを緩和させていました。

 果たして桂馬は??

 彼はあくまでもプレイヤーの立場を崩していません。人生においても、ゲームにおいても……。だから、このループも解析し、攻略対象としてやや楽しんでいる節があります。恐ろしく強靭でたくましい主人公です。
 彼の精神的な強さがゲームによって作られている。これが新世紀のゲーム脳か?w

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。